piatto 城下町の八百屋さん

2014年の7月に「piatto 城下町の八百屋さん」を和歌山市板屋町にオープン。

 

 
前身の金曜日の八百屋さんのコンセプトを受け継いだ形で展開していました。
 
piattoはイタリア語で「お皿」の意味。
いつもの食卓に、いつもと違う一皿を。
そんな気持ちで名付けたお店でした。
 
食卓が華やげば会話も弾み一家団欒を楽しめる。
そんな姿を思い浮かべながら品揃えをするのが楽しかったです。
 
コツコツ運営しているうちに少しずつ評価をしていただけて、テレビ和歌山「わくわく編集部」「ちゃぶ台」や朝日放送「LIFE 夢のカタチ」に取り上げていただいたり、関西テレビ「ウラマヨ!」に出演させて頂いたりと楽しい事もたくさんありました。
 
何よりたくさんのお客様との出会いがかけがえのないものとなり、今も引き続きお付き合いいただいております。
 
数年続けた後に私の業務が多忙になったことと重なり、この後フルーツストア&カフェへと改装することになりました。
 
 
 
 
 
 
<リンク>